鈴木 諭(旧アーティスト名:スズキサトシ)

鈴木 諭(1991年7月25日-)は、日本のミュージシャン。秋田県三種町出身。

経歴

中学2年の時にロックンロールに出会い衝撃を受けるが、専ら聴くだけで満足で、21歳の時にようやく独学でギターを始める。

 

当初は「音楽は趣味で楽しむもの」という考えであった為、大学を卒業後、秋田県内の官公庁系企業に就職。

 

しかし次第にストレスから持病が悪化し、日ごとに悪化する病状と激務の二重苦で精神を病み鬱病になり、心療内科通いの状態に。

「社会人の既定のレールから踏み外したら、将来どうなるか分からない」という恐怖心から、病魔を押し抱えつつ働き続けるも、ついに心身共に限界に達し、先の見通しも無いまま4年後に自ら進んで退職、絶望の淵に陥る。

 

仕事から離れたことで鬱病が快方に向かうも、真面目に働いた挙句に地獄のような苦しみを味わった事から、次第に思いを強めつつあった音楽の道をぼんやりと考え始める。

 

だがリスクを伴う人生選択に踏ん切りがつかず、悶々とした中で引き籠る日々を過ごす。

 

その後友人の影響もあり、「一度死んだ覚悟でやりたいことをやる」と決め、ようやく音楽の道を2018年4月より歩みだし、同年7月に上京。

 

過去の全てを捨て、27歳直前で0から音楽活動を始める。

 

上京後、ギター担当として幾つかのバンドを結成するも様々な要因でうまく行かず、バンドとしての活動形態を諦め2020年6月よりソロ活動を開始。

 

それに伴い、元々苦手意識があり自分で歌う気は無かったのだが、「一人でやる以上自分で歌うしかない」と覚悟を決め歌い始める。

 

制作活動に重きを置きながら、定期的に弾き語りライブもしつつ、『鈴木諭』名義で活動中。

 

20年に1stアルバム『季節を透いて見る旧時』・21年に2ndアトピーのうた』・同年末にシングル『ハイロウズを聴かせて』・226月にはインスト和風アルバム『音筏』を発表し、精力的に創作を行っている。

 

また思考の変化から226月よりアーティスト名を『スズキサトシ』から、本名である漢字表記『鈴木諭』に変更した。

 

作詞・作曲からRecMixMasteringまで、全て自身で行うDIYな形態を取っており、メインの演奏楽器であるギター以外にもベース・ドラム・ハーモニカ・キーボード等の演奏やストリングスのアレンジも手掛け、多重録音での音楽制作を行っている。

 

さらに宣伝活動の一環として、音楽活動の傍らブログ・youtubeの運営も始め、現在ブログは月間5万回読まれ、youtubeの登録者は1,300人を超えるほどに成長した。

 

その他の活動としてBGM・効果音制作も行っており、外部サイト『オーディオストック』にて商業品質の音素材販売や、自身のサイト『音筏』での配布などを実施。

 

加えて近年は20年近く置いていた絵筆を久々に持ち出し、余技として専ら絵の練習に励むほか、ジャケット絵も自身で描き始めている。

活動一覧

活動情報

活動に関する最新情報や日常的なことなどを、youtubeコミュニティツイッターで発信してます!

 

興味がある方はぜひチェック&フォローよろしくお願いします!