ピッチフォードやアルナが出ている大会は何!?コモンウェルスゲームズについて。

こんにちは。卓音です!

今日は、ツイッターでピッチフォードが出てる大会って何?って書いている方を見かけたので、
知らない人のためにコモンウェルスゲームズがどんな大会か紹介したいと思います!

コモンウェルスゲームズについて

ものすごく端的に言うと、イギリス連邦に所属する国のオリンピックです。

イギリス連邦とは・・・主にイギリスとその植民地であった国を指す。

卓球が盛んな国を挙げると、イングランド、インド、ナイジェリア、シンガポールなどが該当します。

オリンピックと例えたように、開催されるのは4年に一度。
第1回は1911年。歴史と権威のある大会となっています。

今回の開催地はオーストラリア。

https://twitter.com/ETTU_TTennis/status/981449526220349450

このツイートはオーストラリアに到着し楽し気にしているイングランドチームの面々です(笑)

大会結果

今回の大会結果はこのようになりました!

【男子団体】
優勝 インド
準優勝 ナイジェリア
3位 イングランド
4位 シンガポール

【女子団体】
優勝 インド
準優勝 シンガポール
3位 イングランド
4位 オーストラリア

【男子シングルス】
優勝 ガオニン(シンガポール)
準優勝 アルナ(ナイジェリア)
3位 アチャンタ(インド)
4位 ウォーカー(イングランド)

【男子ダブルス】
優勝 ドリンコール・ピッチフォード(イングランド)
準優勝 アチャンタ・ガナナセカラン(インド)
3位 デサイ・シティー(インド)
4位 パン・ポー(シンガポール)

【女子シングルス】
優勝 モニカ(インド)
準優勝 ユーメンユー(シンガポール)
3位 フェィタンウェイ(シンガポール)
4位 ジャン(カナダ)

【女子ダブルス】
優勝 フェィタンウェイ・ユーメンユー(シンガポール)
準優勝 バトラ・ダス(インド)
3位 ホ・リン(マレーシア)
4位 ムクヘルジェ・サハスラバドゥヘ(インド)

【混合ダブルス】
優勝 ガオニン・ユーメンユー(シンガポール)
準優勝 ピッチフォード・ホ(イングランド)
3位 ガナナセカラン・バトラ(インド)
4位 アチャンタ・ダス(インド)

タイトル獲得数はインドとシンガポールが3つで同点!イングランドは男子ダブルスの一つのみとなりました。

まとめ

結果を見て、ピッチフォードは?と思ったかもしれませんが、ベスト8でアチャンタに2-4で敗れていました。
うーん、残念。

次の開催は2022年。開催国はイングランドだそうです!
ヨーロッパ大好き卓音としては次回大会こそイングランドにより多くの結果を出して欲しいと思いました。

ということで、コモンウェルズゲームについてのまとめでした。

最後に唯一見つけられた動画を貼っておきます!

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする