【卓球】マニアックな選手紹介 第3回 フランツ(ドイツ)

第3回目は、ピーター・フランツ(peter franz)ドイツです。左シェーク、裏裏。
おそらく20代半ば〜30代の方にはよく知られている選手だと思います。なぜならかつて日本で行われていた健勝苑主催の賞金型大会、スーパーサーキットに参加していたからです。

これぞフランツと言えば、みんなが同じものを思い浮かべるはずです。そう、「バックバンドのカウンター」です。
それも他の選手のカウンターと違い、超絶ライジングを捉えながら相手コートに押し返すのです。笑

前述したスーパーサーキットのCMで、選手のスーパープレー集が流れていたのですが、ほぼ間違いなくフランツのカウンターは収録されていました。笑
それだけ、誰が見ても目を惹かれる魅力的な選手でした。
おそらくあの当時中学生だった人はみんな真似しようとしたはず。(勿論できないのだが。)

思い入れが強すぎて前段が長くなったのでここで動画を。

ほんとはスーパーサーキットのCMが良かったのですが、かわりに2011年のチャンピオンズリーグでの対ロビノ兄との後年の試合。
2:40すぎくらいに強烈プッシュが炸裂します。

フランツのカウンターは出てきませんがCMの動画を。久々に見ると涙腺が緩みますね。笑
マシューサイドやらジョニーファンやら懐かしい選手がたくさん出てきます。
需要がありそうなら、私の持っているVHSのスーパーサーキットのCMもYouTubeに上げたいと思ってます。
この謎のテーマソングについても昔かなり調べたので今度記事書きますね。

話がスーパーサーキットにそれで来たので、このへんでひとまず終了。

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする