【動画】マニアックな選手紹介 第23回 P・セイブ(ベルギー)

こんにちは!卓音です。

今日は先日紹介したJ・セイブの弟、P・セイブ(Philippe Saive)を紹介します。

セイブ兄弟がいかに凄い存在であったか、分かってもらえると嬉しいです!

プロフィール

1971年7月2日生まれ。

兄弟揃ってベルギー卓球界をけん引し、長年、ベルギーナンバー2として活躍をしました。
個人戦では大きな成績を残せませんでしたが、団体戦では01年大阪大会で兄と共に大車輪の活躍で準優勝を成し遂げる。

プレースタイルは、派手な兄と対照的でどちらかと言えば堅実。
不要に台から下がらず、安定した両ハンドが持ち味です。

現役引退後は往年の名選手を集めたレジェンドツアーに参戦するなど、今もなお卓球界の発展に寄与しています。

WTTC1991 対渋谷


音がほとんど聞こえないのが残念な動画ですが、日本の渋谷との試合。
安定したカット打ちが光ります。

渋谷のカットの安定感もすざまじいです。。。

WTTC2001 対パーソン(スウェーデン)


01年大阪大会、決勝進出がかかる大一番。
明らかな格上であるパーソンに勝利します!

こういった場面で力を出せるのは流石ですね~。

2002 対コンリンホイ


何の大会かは詳細不明。
プロツアーですかね~。
なんと00年シドニーオリンピック金メダリスト、孔令輝(中国)にストレートで勝利します!!
00年以降、孔令輝は低調の状態が続いていましたが、それにしてもストレート勝ちは素晴らしいです。

まとめ

偉大な兄に隠れがちな選手ですが、Pセイブも素晴らしい選手であったことはお分かりいただけたと思います!

ちなみに2012年には世界ベテラン選手権の40代の部で優勝。
相変わらずの強さを見せています。

最後に、2010年のフォルクスワーゲンカップでの、兄弟でのデモンストレーション試合を。
兄弟の楽しそうな様子がいいですね~。

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする