【動画】マニアックな選手紹介 第19回 陳衛星(オーストリア)

こんばんは!卓音です( `ー´)ノ
陳衛星が日本リーグ参加というビッグニュースが出ましたね~
陳衛星ファンとしてこれほど嬉しいことはありません。
ということで、陳衛星を知らない方のために紹介記事を書いていきたいと思います!

プロフィール

1972年4月27年生まれの45歳。
中国出身ですが、後にオーストリアに帰化。
長年シュラガーと共にオーストリアを長年支えた選手です。
中国時代は国外のカット選手の仮想選手としてナショナルチームに在籍していました。
最高世界ランキング9位!

オーストリアに渡ってからは代表として戦うのは勿論のこと、
クラブチームのニーダーオーストリアにてチャンピオンズリーグで数々の名試合を演じ、勝利に貢献してきました。

戦型は裏粒のカット。
しかしながらプレーはかなり攻撃的。
カットはバックのみでフォアは基本的にカットせず攻撃し、甘い球は左右に曲げるフォアハンドで打ち抜きます!
ギリシャのジオニスも同じようなタイプですね。

2003年の世界選手権では、翌年のアテネで銀メダルを取る当時若手の期待株であったワンハオ(中国)を倒し、
会場を大いに盛り上げ、ベスト8まで勝ち上がりました。

過去に日本選手も陳衛星を前に数々の苦杯をなめてきました。

感情をかなり表に出してプレーをするのか非常に好感が持てまして、
よく相手がスーパープレーをすると親指をグッと立てるのが最高です(笑)

ということで、動画を紹介していきたいと思います(‘ω’)

ECL2008 対セイブ


既に引退していますが、93年の世界選手権2位のベルギーのセイブとの一戦。
2008年のチャンピオンズリーグです。
鉄壁のバックカット、強烈な一撃、熱い咆哮と陳衛星の良さが詰まった素晴らしい試合!!

ECL2010 対岸川


岸川がデュッセルドルフにいた頃の試合。
点数を取る隙が全く無く、3-0で陳衛星の圧勝。。。
強すぎる陳衛星。

北京オリンピック 対水谷


まだ今ほどの圧倒的な強さが無かったころですが、なんと水谷にも勝利しています。
悲願のメダル獲得に向け重要な一戦でしたが、陳衛星に圧倒されてしまいます。
陳衛星は衰えることをしらず、コンスタントに勝利できる素晴らしい選手でしたね。

まとめ

ということで、陳衛星についてまとめてきました!
ここまでの紹介で、陳衛星がいかに強く、実績を残してきた選手かお分かりいただけたと思います(^^)

こんな選手が日本リーグで見れるなんてまさに夢のようですね~
過去にもセンケンといったようなピークを過ぎた中国選手が参加したことはありますが、
陳衛星のようにヨーロッパに帰化した選手で参加するのは前例が無いのではないでしょうか?

どういった経緯で参加することになったのかも気になるところではありますので、
卓球王国でインタビュー記事とか掲載してくれたら嬉しいですね!

ぜひぜひ、日本リーグにいって陳衛星のダイナミックなプレーを間近で見ちゃいましょう!!!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする