【選手紹介】メイス復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

メイス復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

という訳で、私卓音のメイスへの熱い思いがこもった記事を(笑)
個性的なヨーロッパ選手が好きな私は、メイスの動画も数えきれないくらい見てきました。
大学時代、PSPに動画を入れていつでもどこでも見れるようにしていたのですが、
上海大会のメイス対ハオシャイの試合は100回は見たんじゃないかなという(笑)

よく知られているようにメイスは精神的に波があり、そのため成績もその時々によります。
しかしながら、好調の時のメイスはすざまじく、
人を魅了するようなミラクルプレーを連発するのです!
ここがメイスを見ていて一番たまらんポイントですな。

たくさんのメイスの試合を見てきた私の考察になりますが、
メイスが大活躍した年は2005年・2009年・2014年の3つになるのではないでしょうか。
以下では年度ごとにまとめていきます!

2005年

もちろんみんな大好き世界選手権上海大会です!!
この大会でメイスはワンハオ、ハオシャイという中国選手をロビングを駆使し連破し、
準決勝まで駆け上がりました。(最後はマリンに惜敗。)

対ワンハオ戦

対ハオシャイ戦

対マリン戦

ほんとに見ていて全く飽きない卓球ですよね~
ハオシャイ戦のセット0-3、5-9からの逆転劇は涙無くして見れません。
あと注目ポイントは大盛り上がりだったベンチコーチの顔がだんだんとロビングを打ちあぐねるごとに絶望に変わっていく様子(笑)

2009年

次は2009年!
この年はメイスにとって記念すべき年となりました。
そう、ヨーロッパ選手権でのシングルス優勝です!
現在は団体と個人の隔年開催になったヨーロッパ選手権ですが、この当時はまだ同時開催。
なんといってもメイスがすごいのは、団体・個人ともにこの大会では負けなしなのです!!!
団体ではメイスの活躍により団体準優勝。(優勝はドイツ)
団体戦でもシングルでもティモボルと試合し、両試合勝つというのがすざまじいですね。。。。

団体決勝 対ズース

団体決勝 対ティモボル

シングルス ベスト8 対レグー(フランス)

シングルス準決勝 対ティモボル

シングルス決勝 対シュラガー

決勝では多数のスーパープレー動画でよく取り上げられる、ミラクル返球がさく裂します!

ちなみに同年の世界選手権横浜大会ではベスト8に進出し、マロンに敗れました。
どのセットもすごく惜しかったのですが。。。

2014年

この年はオフチャロフ・フレイタスを破ってのヨーロッパカップでの優勝がありました!
ケガで成績が出せない時期もありながらも、必ず成績を出し続けるメイスはかっこいいですな。

準決勝 対オフチャロフ

決勝 対フレイタス

まとめ

以上メイス復活があまりにも嬉しすぎて、思いのままに書き連ねました(笑)
改めて見てみると、メイスの卓球の面白さは別格ですね。
自分もこうゆう人をワクワクさせるような独創的な卓球に憧れるのですが、
私自身は堅実な両ハンド&ブロックでガオニンとか張一博みたいな卓球と評されます(笑)
どうにも派手な卓球は自分はできないようで。。。
ちなみに新日本に出た際にまさに紹介した上海大会のハオシャイのような目に合ってます(笑)(プロフィール参照

今日は久しぶりにメイスの動画に舌鼓をうちながら、ゆっくりと過ごしますかね。
みなさんも紹介したメイスの動画をぜひ一見を!!!

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする