【動画】マニアックな選手紹介 第12回 ワンハオ(中国)

今日紹介するワンハオは多くの人が知るワンハオではありません。
中ペンのワンハオが台頭する遥か昔、中国にはカットマンのワンハオがいました。
93年の世界選手権では王涛、馬文革、王浩と強力な布陣での団体戦でした。
昔知り合いで真顔で「ワンハオって昔カットマンだったんでしょ?」と本気で言ってる人がいて返答に困ったことを思い出します(笑)

こちらが93年の世界選手権のワルドナーとの試合。
いやー強い強い。中国は安定して強いカットマンが出てきますよね。
個人的に一番好きな中国カットは丁松ですが。

こちらは同じ大会でのフランツ(ドイツ)との試合。
初めて見ましたがこちらも非常に面白い試合ですな!
後に出てくる丁松と違い、基本的に鉄壁カットで仕留める感じのスタイルですね。

ということで簡単ですが、カットマンのワンハオの紹介でした!

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする