【まとめ】Tリーグが変える日本の卓球界

いよいよ2018年10月、Tリーグが開幕する。
ヨーロッパ卓球が大好きな自分にとって、
ドイツのブンデスリーガを参考にしたTリーグの始まりをどれだけ待ち望んだことか。。。。
すぐには難しいと思うが、近い将来、すぐ目の前で各国のトップ選手が戦う光景が見れることを期待している。
とりあえず現状のTリーグについて決まっていることをまとめていく。

Tリーグ構想とは

「Tリーグ構想は、日本に存在する複数の卓球チームが参加するリーグ構想です。これにより、Tリーグは頂点の世界レベルのプロ選手を擁するチームから、趣味でプレーする地域のチームまでが、Tリーグの各カテゴリーに分かれて存在することになります。
これはドイツの卓球リーグを参考にしています。ドイツでは1部から16部までのピラミッド型になっており、この中で1・2部が「ブンデスリーガ」と呼ばれ、全国規模で多くのプロ選手、海外選手がプレーしています。
このTリーグ構想は今後、議論を深めながら、数年の時間をかけて順次実現に向けて進めてまいります。」Tリーグ公式HPより。

まさに将来的に実現してほしいのはこの形ですよね!
イメージしてみてください。自分のチームがTリーグのピラミッドの中にある姿を。。

Tプレミアリーグ

最近ニュースでTリーグについて報道されることがありますが、
そこで言われているのはTリーグのピラミッドの頂上、Tプレミアリーグです。
現状、ルールは以下のような予定をされています。

・リーグ:男・女、1つずつのリーグ
・チーム数:男女それぞれ4チーム、合計8チーム
・選手数:各チーム6名以上
・シーズン:秋~翌年春
・リーグ戦方式:ホーム&アウェイ、及び、セントラル方式
・試合数(予定):7回戦総当たり、各チームはシーズン21試合(レギュラーシーズン)
・試合形式:未定(五輪や世界選手権の団体方式を検討)
・優勝決定方法:リーグ戦の1・2位チームがファイナルを行い、勝者が優勝

まさにブンデスリーガに則っているような感じですね。
個人的に心配なのは、シーズンが秋~翌年春とヨーロッパのリーグと被っているので、
自国のリーグ以上のメリット(金銭面、レベルetc)がないと海外選手が参加しないのではという。
日本選手にとって海外リーグの生活が日本と全然違うように、海外選手にとっても慣れるのに時間がかかるのでは?という。

参加チーム

【Tリーグ 2018-2019シーズン 参加チーム・男子】
◆木下グループ(東京都)
◆チーム岡山(岡山県)
◆チームさいたま(埼玉県)
◆琉球アスティーダ(沖縄県)
【Tリーグ 2018-2019シーズン 参加チーム・女子】
◆木下グループ(神奈川県)
◆トップ名古屋(愛知県名古屋市)
◆日本生命(大阪府)
◆日本ペイントホールディングス(大阪市)

当初の予定通り、男女合計8チームが揃いました。
しかしながら、参加チームや現状の情報を見ても、
自分が期待するような海外選手が多数参加する光景は難しそうですかね。。

以下、参加チームのコメントです。

◆木下グループ
Tリーグの理念に賛同し、男女ともに参戦させていただくことになりました。本日の会見を拝見していても、凄いパワーと熱量を感じました。木下グループとしても、ともにリーグを盛り上げていければと思っております。
また、ホームタウンである東京・神奈川の地域の皆様と連携していければと思います。特に木下グループでは、介護や保育などの分野にも力を入れていることもあり、チームを通して様々な形で地域に密着した企業でありたいと思っています。
◆チーム岡山
Tリーグもドイツのブンデスリーグのように、全国に卓球の裾野を広げていけたらいいと思っていますし、その可能性は大いにあると思っています。
岡山県は小学生の競技レベルは非常に高いのですが、優秀な選手は中学生なると他県へと流出してしまうことが非常に残念でした。チームが出来ることによって、選手が地域と交流する機会なども設けていきたいと思っています。そういった地域との連携が、岡山でずっと卓球を続けたいという思いになってくれればいいと思います。
◆チーム埼玉
Tリーグの理念に賛同し、チームを立ち上げることになりました。卓球は競技人口が非常に多いにもかかわらず、それがあまり表面化していないように感じます。Tリーグが出来ることによって、潜在的な競技人口が表に出ることが、卓球の盛り上がりにつながると思っています。
また、シニア世代も競技者として参加できるスポーツは他にはないのではないでしょうか。若い世代の育成と同時に、シニア世代の健康寿命を延ばすという点においても、非常に意味のあるリーグだと思っています。
◆琉球アスティーダ
素晴らしい選手がリーグでプレーすることによって、選手はもちろんリーグも盛り上がってくれればと思っています。沖縄でも卓球の人気は非常に高いです。Tリーグを通してさらに多くの方に、卓球を楽しんでいただければと思っています。
沖縄から世界に羽ばたくチームを目指して頑張ります。

【女子】
◆トップ名古屋
Tリーグが出来ることによって、卓球の裾野が広がると思っています。選手もチームプランもまだ何も決まっていません。中国の強い選手を獲得したいとは思っています。
◆日本生命
参加チームの中で一番歴史のあるチームということもあり、ここに至るまでチームを育ててくれた日本リーグとともに、Tリーグも盛り上がってほしいと思います。
また、これまで築き上げてきた地域との連携や、選手の強化方法などもリーグで共有しながら、リーグ全体を盛り上げていけたらと思っています。
◆日本ペイントホールディングス
多くの人に卓球の面白さや凄さを見てもらって、どんどんファンを作っていきたいと思います。グループ社員や地域の皆さんが一緒になって盛り上がること、そして卓球を通して地域との一体感が生まれることを期待しています。チームは出来たばかりですが、データ分析を専門とするアナリストを入れるなど、他のチームがやっていないことを積極的に取り入れていこうと思っています。同じく大阪をホームタウンとする日本生命さんは歴史があり名門ですが、その背中を見ながら、そこにはないものを強みとしてチームを育てていけたらと思っています。

考察

ということで、Tリーグについてまとめてきました。
おそらく2018-2019のファーストシーズンは、日本選手中心のリーグになっちゃうのかな、という想像です。
しかしながら、なかなか進まなかったTリーグが、いよいよ始まる土俵に来たというのが、なによりも喜ばしいことですね!
リーグ開始に向けての準備、今後のリーグの裾野拡大などやるべきことは山積していますが、松下代表にはがんばってほしいですね。

卓球王国でも述べられているように、追い風が吹いている今だからこそ、Tリーグを作る必要があるのです。
もう一度世界の覇権を日本が奪うために必要不可欠なTリーグの将来に期待しましょう!!

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする