【androについてひたすら絶賛するコーナー】第4回 ラザンターのススメ

こんにちは!卓音です。

今日は久しぶりにandro絶賛コーナーを。
突然ですが、皆さんの周りにこういった人はいませんか?

「みんなテナジーとか流行りのラバー使ってるから違うのを使いたい」
「人と同じ用具は使いたくない」

かくいう卓音がこうゆう思考の持ち主で、当時はどマイナーだったandroを使ういかにも怪しい中学生と化したわけです(笑)
過去にも書いたように、androは今や中高生主体に非常に人気のあるメーカーとなったわけですが、
多数派でいくとまだまだバタフライ・ニッタク・ヴィクタスが強いのかなあという印象を受けます。
あくまで自分の周りの主観ですが。

そこで、今回は先に書いたような思考を持っており、いわゆる流行りラバーに手を出したくない人にお勧めしたいラバーを紹介させていただきます!
タイトルにもあるように、ラザンターです。

いやいや、ラザンター流行りラバーでしょと思う方もいるかもしれませんが、都心では分かりませんが田舎ではあまり多くない(というか僕以外ほとんど見ない)印象です。

そもそもラザンターとは


ご存知の方が大多数だと思いますが、ラザンターには前身のラバー、ラザントがあります。

バタフライのテナジーに対抗するため、圧倒的なスピードでヘキサーを発売しましたが、
ヘキサーののちに圧倒的な回転性能を武器に発売したのがラザントです。

ヘキサーパワースポンジの記事でも書きましたが、僕はヘキサーパワースポンジの魅力に取りつかれて以降、かなり長い期間両面ヘキサーパワースポンジを使用していました。

しかしある時、よりバックハンドを打つ際に引っ掛かる感覚が欲しいと思うようになりました。
というのも、僕の卓球スタイルは攻撃に関してはかなりフォア偏重で、バックはブロックとショート系の技術でしか使ってきませんでした。

ですが、周りを見渡すとバックを自由に振る選手が増え、かつてフォア偏重だった仲間も飛躍的にバックが上手くなっている様を試合で見ました。
そこでこう思ったのです。

「バックドライブを練習しないと取り残される。」

ということで得意ではなかったバックドライブの練習を始めましたが、思うように上達しません。
で、さっきお話したような引っ掛かる感覚が欲しいとなったわけです。

しかしながら、卓音にラバーの選択肢はandroしかありません(笑)
androのラバーで引っ掛かりが良くかつ柔らかいラバーを探したところ、たどり着いたのはラザントビートでした。

使ってみると期待したような感覚で打つことができ、当然かなりの時間をバックドライブに投じましたが、
バックドライブが徐々に上達していきました。

ラザント一挙廃盤

しかしながら、ラザントはある全部廃盤になるとの発表がなされました。

それは、ラザンターへ進化するためです。

ここでandroカタログの文言を紹介していきましょう。

まず、ラバーの進化を紐解き、ラザンターが最新鋭のラバーであると述べています。

アンドロ開発チームはプラスチックボールの特性やラバーとの関係性を徹底的に分析しました。その結果、様々な数値や特徴等が判明 しました。その中でも特にプラスチックボールはセルロイドボールよりプレー全般において回転量が減ってしまうことと、エネルギーロスが 大きく、スピードとパワーが減少してしまうことが明確に分かりました。そして数々の分析データを基に、何度も何度も調整を重ねプラスチック ボールによる様々な問題を解決するために開発したラバーが『RASANTER』です。スポンジからシートの細部に至るまで構造改革を行い、 従来品に大きな差をもたらした新次元のラバーとなりました。※ これが最新鋭のプラスチックボール専用ラバーです。

色々と細かく書かれてますが、一言で言うと『androが研究の成果により作り出した最新鋭のラバー』ということです。

ラバー性能以外にもっと注目すべき点があります。

前作を全て廃盤にして発売するという大胆な販売戦略です。

他のメーカーでもユニフォーム等を廃盤にして一新することはよくありますが、さすがにラバーは聞いたことがありません。
androがここまで大きな戦略を取れるのも、圧倒的な製品への自身があるからに他なりません。

僕はラザンターのR37を現在バックに使用していますが、飛躍的に性能が向上しているだけあって、圧倒的にラザントよりもバックハンドのひっかける感覚があります。
これからバックドライブを重点的に練習していきたい方には、間違いなくオススメできるラバーですね!

まとめ

ということで今回はラザント・ラザンターについて紹介してきました。

性能もさながら、マーケティングに長けたandroには感服するばかりです。
一体androのブレインは誰なんでしょうかね。ボージックのお兄さんなんでしょうか。

戦略についてぜひ一度機会があれば聞いてみたいなあと思うところです。

最後に卓三郎さんより一言あるそうです。

卓三郎が何かほざいてましたが、以上卓音でした!(笑)

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする