【動画】マニアックな選手紹介 第41回 ポランスキー(チェコ)

こんにちは!卓音です(^^)

今日のマニアックな選手紹介は、チェコ期待の若手のポランスキー(polansky tomas)を紹介したいと思います!

チェコと言えばチキータの生みの親で96年アトランタオリンピック4位のコルベル以降、特にトップで戦える選手は出ていませんでした。
コネツニーなど稀に上位選手に勝つ選手はいたものの、安定的な強い選手は一切出てこず。

しかし、ようやく出て来た選手がポランスキーなわけです。
今年はヨーロッパ選手権U21で優勝するなどまさにうなぎのぼりの活躍!

世界選手権での活躍にも期待です。

プロフィール

20歳。(生年月日は見つけられず、すみません(ーー;))
右シェーク裏裏。

これまでに紹介したフランスのカシンアックズ、オーストリアのリベンコ、スロベニアのヨルジッチなどと同世代。
こうやって考えると、ヨーロッパのこの世代は豊作ですね!

スタイルはヨーロッパ選手らしい両ハンドタイプの選手ですが、体格のわりに振りはコンパクト。
あそこまで極端ではないですが、ちょっとガルドシュっぽいかなあと思ったり。

主な実績は、
2018ヨーロッパ選手権 U21 優勝
2013ヨーロッパユース 優勝
などなど。

2018 ヨーロッパ選手権U21決勝 対プレテア(ルーマニア)


直近のヨーロッパ選手権U21の決勝。
同じくヨーロッパの期待株のプレテアをフルゲームの末破ります!

2018 ヨーロッパ選手権U21決勝 対シドレンコ(ロシア)


以前紹介したロシアのシドレンコとの対戦。
タイミングの早い鋭いバックハンドが良く決まってます!

ブンデスリーガ17/18 対ヨルジッチ(スロベニア)


スロベニアの有望株、ヨルジッチとの対戦。
ドライブがかなり走っている印象。

まとめ

大先輩コルベルとはまた違ったタイプの選手のポランスキー。

日本の若手の卓球スタイルが似通っていると言われますが、最近のヨーロッパの若手を見ても、
昔と比べて並外れた個性の選手が減ってきたのかなあと少し感じますね。

しかしながらこれまで紹介してきたように多数の有望な若手が育っているヨーロッパ。
20歳前後のこの世代が今後どう成長していくかで、ヨーロッパ卓球界の行く末は大きく変わるでしょう!

卓球をこよなく愛する20代男。卓球動画視聴マニアでこれまでに数百本の動画を視聴し、ヨーロッパ卓球が大好き。13年のキャリアを持つandroヘビーユーザーでもある。記事更新情報などをお届けするので、ツイッターフォロー・Youtubeチャンネル登録いただけると嬉しいです!

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする