【動画】マニアックな選手紹介 第40回 ヨルジッチ(スロベニア)

こんにちは!卓音です。

あっという間にこの選手紹介も40回です。
今日はまたヨーロッパのイキのいい若手を紹介します!

世界選手権にも出場する、スロベニアのヨルジッチ(Darko Jorgic)という選手です。
トキッチ以降、時に有望な選手が出てこなかったスロベニアですが、
ようやく出て来た期待できる選手がこのヨルジッチ。

昨年のヨーロッパ選手権でオフチャロフを破るなど、注目されるヨーロッパの若手の一人です。

プロフィール

1998年7月30日生まれ。現在20歳。
フランスのカシンアックズ、オーストリアのリベンコあたりの世代です。

右シェーク裏裏。
最高世界ランキング69位。

主な成績は、
2017ヨーロッパユース 3位
2018ヨーロッパユース 3位
など。

同じスロベニアの先輩トキッチと比較すると、トキッチはラリーに強いタイプですが、
ヨルジッチは一発の威力がフォアバックともすざまじい印象。
体格もがっちりとしており、同世代の先に挙げた選手たちとは違うものを感じます。

このパワー思考な卓球を突き詰めていけば、かなり強くなるのではと感じるところです。

ETTC2017 対オフチャロフ(ドイツ)


これがオフチャロフを破った試合。
一発で振りぬくバックドライブでオフチャロフのフォアサイドを何度も抜き去っています。

ちなみにこの団体戦、トキッチがフィルスを倒したため、あわやドイツが負ける危機でした。

ブンデスリーガ17/18 対アサール(エジプト)


堅実な卓球が持ち味のアサールでさえ、ヨルジッチの一発を抑えきれません。
サーブもなかなかに効いており、単調なレシーブしか返ってきませんね。

ブンデスリーガ17/18 対ゲラシメンコ(カザフスタン)


先日のアジアカップにも出場した日本人にはお馴染みのゲラシメンコとの試合。
ゲラシメンコが常に後手後手に回っています。

まとめ

かなりの将来性を感じさせるヨルジッチ。
なんといっても同世代のヨーロッパ若手の中ではもっともパワーがある印象。
オフチャロフのように大化けする可能性を秘めていると個人的に考えています。

アジア選手にはないパワーがヨーロッパ選手の持ち味の一つでしょうから、
このままブンデスリーガで腕を磨き、近い将来大きな結果を残すでしょう。

卓音youtubeチャンネルやってます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする